Blogical

AWS/Salesforceを中心に様々な情報を配信していきます(/・ω・)/

【Spring’24】繰り返しコンポーネントを使ってみよう

こんにちは、ロジカル・アーツの岡田です。

今回はSalesforceのSpring'24リリースで導入された、

新しい画面コンポーネント「繰り返し」を実際に使ってみたので紹介します。

画面コンポーネント「繰り返し」とは

「繰り返し」コンポーネントは、 ユーザが自由に入力枠の増減を操作することができ、1つの画面から複数のレコードを簡単に追加することができます。

これまで、入力枠を追加するにはプログラム開発するしか方法がありませんでした。

「繰り返し」コンポーネントを使用した画面フローの作成

取引先の画面に「繰り返し」コンポーネントを使用した画面フローを表示し、

表示された取引先に紐づく取引先責任者をまとめて作成されるようにしました。

Addで入力エリアが増える

[Add]を押下した回数だけ入力枠が追加されます。

Removeで入力エリアが消せる

[Remove]を押下すると入力枠が消えます。

なお、最初から存在する入力枠を消すことはできません。

複数名を入力する

今回は5名同時に入力してみます。

先ほど入力した5名が取引先の取引先責任者にされ保存されています。

注意点

Salesforce Spring’24時点では、「繰り返し」コンポーネント内でメールや住所などの複雑なフィールドはサポートされていません。

また、例えば「同時に作成できる取引先責任者は5名まで」といった制御はコレクション変数を使う必要がありそうです。

スタイリング

「繰り返し」コンポーネントはStyle Overwriteコンポーネントを使用して外観を変更できます。

フィールドを1列に配置したり、ボタンをカスタマイズすることができます。

詳細なガイダンスについてはSalesforce Timeなどを参照すると、「繰り返し」コンポーネントの効果的な実装方法と使用例が説明されているので参考にしてみてください。

[oai_citation:1,How to Use the New Repeater Component in Screen Flow - Salesforce Time]

https://salesforcetime.com/2023/12/07/how-to-use-the-new-repeater-component-in-screen-flow/

[oai_citation:2,Salesforce Flow - Repeater (Beta) Screen Components - Spring 24 - TheBlogReaders.com]

https://theblogreaders.com/salesforce-flow-repeater-beta-screen-components-spring-24/

さいごに

「繰り返し」コンポーネントは2024年2月リリースSalesforce Spring’24時点では、ベータ版のため制限も多く存在します。

もし「Add」や「Remove」を押下した回数が取得できたりすると、エラー表示などで入力枠を制御しもっと使いやすくなると思います。

しかし、画面フローで入力枠を増減できることは今までにないことです。

「繰り返し」コンポーネントは今後もアップデートされる予定なので、有効な場面が増えてくるのではないでしょうか。

これからより使いやすくなる、「繰り返し」コンポーネントをぜひ使用してみてください。